セブンスヘヴン

ポケモンその他

控えめメガゲンガー

f:id:minasetaso:20170117110458g:plain

167(252)-x-112(92)-209-116(4)-170(160) 控えめ

シャドーボール/ヘドロ爆弾/こごえる風/道連れ

 

H-B:後述の調整ライン

C:11n

D:余り

S:最速ガブリアス+1

 

H-Bの調整ラインが

A233メガバシャーモの フレアドライブ ~166

フレアドライブ反動ダメージ 47~55

ヘドロ爆弾が 155-101メガバシャーモに 105~124

と、ヘド爆ダメ+フレドラ反動で、そこそこの確率でメガバシャーモを落とせる。バシャーモを落とすというよりは、初手バシャーモとの対面で合法的な居座りが可能になることに意味がある。

 

一応、D方面のダメージ

C222メガゲンガーの たたりめ 140~168

C191メガゲンガーの シャドーボール 150~176

 

ぶっちゃけコケコと同速ワンチャン拾えることが重要なのでS落としたゲンガーは強い型ではないと思う。

滅びメガゲンガー+バトンタッチグライオン

S4序盤で使用。

グライオンの、カプ・コケコやゴーストZギルガルドに強い点、カバルドンの欠伸展開を切ることができる点、Z技に耐性を持てる「身代わり」「守る」を自然に採用できる点が評価され、S3はグライオンを採用する人が多く見られた。

しかし、S3終盤の時点でグライオンは身代わり持ちに為す術無く起点にされるという弱点が見えてしまっていた。実際、高レートの構築には「身代わり」持ちのスイクンテッカグヤが採用されている。

そこで、グライオンを起点にしてくる身代わり持ちに対し、切り返しの手段として「バトンタッチ」からのメガゲンガーで対処することに。

 

 

f:id:minasetaso:20170719091527p:plain@ゲンガナイト

165(236)-x-102(12)-191(4)-116(4)-200(252) 臆病

シャドーボール/ヘドロ爆弾/滅びの歌/守る

 

f:id:minasetaso:20170719091802p:plain@毒々玉

179(228)-115-149(28)-x-139(252)-115 慎重

地震/バトンタッチ/身代わり/挑発or毒々

 

理想の動き(例)

1t 相手交代、グライを起点にする水or飛行を出す→グライ身代わり

2t →グライバトン、メガゲンガーが身代わり→相手身代わり

3t →ゲンガー滅び→相手攻撃、ゲンガーの身代わりが割れる

4t →ゲンガー守る→相手攻撃(失敗)

5t →ゲンガー守る(二連守る、成功or失敗)→相手攻撃

6t →ゲンガー交代、何か出す→相手攻撃、滅び3ターン経過で倒れる

 

2ターン目は、相手は「ハサミギロチン」や「毒々」のケアをするため「身代わり」を選択してくれることが大半だが、仮に攻撃技を選択されてもスイクンの「ねっとう」テッカグヤの「エアスラッシュ」程度ならゲンガーは2発耐えるので特に問題視していない。

この動きを実現させるにはゲンガーは予めメガシンカしていなければならないので、「身代わり」ではなく安全に初手でメガシンカできる「守る」を採用。

 

 

 

実際に使用したサンプル

 

ゲンガー@ゲンガナイト

165(236)-x-102(12)-191(4)-116(4)-200(252) 臆病

シャドーボール/ヘドロ爆弾/滅びの歌/守る

 

グライオン@毒々玉

179(228)-115-149(28)-x-139(252)-115 慎重

地震/バトンタッチ/身代わり/挑発

「身代わり」と「守る」がセットでないと「毒々」は機能しにくいと思い「挑発」を採用していたが、ラス1の浮いているポケモンとの対面で無力化したので「毒々」の方がいいかもしれない。

 

ドヒドイデ@氷Z

157(252)-x-224(252)-73-163(4)-55 図太い

熱湯/黒い霧/自己再生/毒々

ミミッキュの「シャドークロー」の急所が怖かったのでHB特化にしたが、CSメガゲンガーミミッキュの「身代わり」を破壊できるまでCに振るのも一考。

 

リザードンリザードナイトX

185(252)‐151(4)‐131-x-105-167(252) 陽気

ドラゴンクロー/ニトロチャージ/鬼火/羽休め

 

クレセリアゴツゴツメット

227(252)‐x‐189(252)‐95‐151(4)‐105 図太い

冷凍ビーム/スキルスワップ/毒々/月の光

ボーマンダ。グライ+ドヒドイデで重くなる霊獣ボルトロスを誤魔化すため「スキルスワップ」を採用。

 

ミミッキュ@ゴーストZ

131(4)‐142(252)‐100‐x‐125‐162(252) 陽気

シャドークロー/呪い/身代わり/痛み分け

毒の通らない相手のサイクルへの崩しに欠けているので採用。ゲンガー入りには必ず選出する。

 

 

ゲンガーが深刻なまでに重く纏まらなかったので解散。メガバシャ解禁直後でバシャの個体数が少なかったのであまり参考にならないかも。

S4簡易

f:id:minasetaso:20170718082039g:plainf:id:minasetaso:20170718073225g:plain

f:id:minasetaso:20170703232112g:plainf:id:minasetaso:20170117110458g:plain

 

f:id:minasetaso:20170718081414g:plainf:id:minasetaso:20170718081158g:plain

 

 前々回の記事で襷+ガルーラ+ミミッキュが強いと感じたので、襷枠に前期構築で結果を残した襷アシレーヌを使用した。キノガッサジャローダ等の草が面倒だったので、それらの構築に初手で出せる「こごえる風」を搭載したメガゲンガーバシャーモ絡みの構築が重いので一体で崩壊にもっていける飛行Zギャラドスミミッキュカプ・テテフ牽制かつ指数受けの突破が可能なチョッキカミツルギを採用した。

 

ガルーラ@ガルーラナイト 意地っ張り ※実数値はメガ後

197(136)-194(252)-120-x-121(4)-135(116)

捨て身タックル/炎のパンチ/グロウパンチ/不意打ち

 

ミミッキュ@命の珠 意地っ張り

131(4)‐156(252)‐100‐x‐125‐148(252)

シャドークロー/じゃれつく/影うち/剣の舞

ギャラドスとの同時選出が多かったため命の珠。先制技の火力を確保できることに関してはよかったが対ギルガルドでの択を解消できず困った。

 

アシレーヌ@気合のタスキ おっとり

155‐95‐84‐195(252)‐136‐112(252)

うたかたのアリア/ムーンフォース/めざめるパワー炎/アクアジェット

実際は個体調達ができず控えめで使っていたが、リザードンYへのアクアジェットの乱数意識でおっとりを使うべき。

 

カミツルギ@突撃チョッキ 陽気

165(244)-201-151-x-78(212)-149(52)

リーフブレード/スマートホーン/聖なる剣/ハサミギロチン

受けループは基本これで崩していたが、エアームドが多くあまり機能しなかった。特殊技なら落とせるだろうと舐めている相手には滅法強かったが、どちらかと言えばサイクル向きのポケモンでもあるので代わりを探したいところ。

 

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病

135‐x‐101(4)-222(252)-115-200(252)

シャドーボール/ヘドロ爆弾/こごえる風/みちづれ

当初ひかえめHBベースの個体を使っていたがメガメタグロスを抜きたいためCSに。「こごえる風」は偶発対面したボーマンダ等にも打つことができ、快適だった。

 

ギャラドス@飛行Z 陽気

171-177(252)-99-x-120-146(252)

たきのぼり/とびはねる/りゅうのまい/挑発

バシャーモ+@の並びに刺す。対面からのスタートなら「バトンタッチ」使用ターンはSは上昇しないので「たきのぼり」で裏の霊獣ボルトロスが突破できる火力に達するまで「りゅうのまい」を押し続ける。「挑発」はサイクルに刺しやすく、死に際に打つことでガルーラの「不意打ち」を確実に成功させることが可能で、便利な技だった。数多くのカプ・レヒレナットレイを葬った今期のMVP。なお、ガルーラとゲンガーが見えているため選出画面の段階でZ持ちだと判りやすいのが難点。

 

 

 

来期こそ(n回目)

チョッキカミツルギ

f:id:minasetaso:20170718073225g:plain

@突撃チョッキ

陽気 165(244)-201-151-x-78(212)-149(52)

リーフブレード スマートホーン 聖なる剣 ハサミギロチン 

H:2n-1

D:余り

S:準速ミミッキュ抜き

 

A:スマートホーンが 131‐100ミミッキュ に 158~

          145‐105カプ・コケコに 76~90

D:C200カプ・テテフのPS下サイコキネシス 43~51

 

カプ系+ミミッキュにそこそこ強く、一撃必殺技による指数受けの突破が可能。

相手の鋼に弱いのが一番の難点。

鯛麺

f:id:minasetaso:20170703232252g:plainf:id:minasetaso:20170703232112g:plain

f:id:minasetaso:20170703232036g:plainf:id:minasetaso:20170215033151p:plain

f:id:minasetaso:20170703231625g:plainf:id:minasetaso:20170703232210g:plain

 

 

 

 

カバルドン@オボンのみ 慎重

215(252)-132-152(108)-x-122(148)-67

地震/ステルスロック/欠伸/吹き飛ばし

 

バシャーモ等へのクッション役、ステロ欠伸で裏のサポートをする。もちろん初手に出して展開も可能。

 

ガルーラ@ガルーラナイト 意地っ張り

197(136)-194(252)-120-x-121(4)-135(116) ※メガ時の実数値

捨て身タックル/炎のパンチ/グロウパンチ/不意打ち

 

基本的に初手選出する。最低限の対面性能を持った崩し。

 

霊獣ボルトロス@突撃チョッキ 臆病

155(4)-x-90-197(252)-100-168(252)

10万ボルト/めざめるパワー氷/ヘドロウェーブ/気合球

 

主にコケコランドのようなサイクルに選出する。見せ合いでデンキZを打たせにくくする縛り。

 

ミミッキュ@ゴーストZ 意地っ張り

131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)

シャドークロー/じゃれつく/かげうち/剣の舞

 

対面性能の高いストッパー、ガルーラとの役割集中の動きで通しに行くことが多い。

 

バシャーモ@気合のタスキ うっかりや

155-146(44)-90-177(244)-81-128(220)

火炎放射/とびひざげり/めざめるパワー氷/毒づき

 

主にマンダ軸に選出する。

 

スイクン@カゴのみ 図太い

205(236)-x-154(36)-110-135-135(236)

熱湯/瞑想/身代わり/眠る

 

ゲンガー、グライオン絡みに選出する。

 

 

展開される前にガルーラで対面突破する等の、ステルスロックを撒かせない工夫はしているが、後続のタスキ持ちが機能しない対戦が多く見られ安定しなかった。

7世代はステルスロックを撒かれる対戦がとても多いので、タスキを使うなら初手選出するポケモンに持たせ、後続のポケモンには持たせない方がいいと思った。

対面構築なら タスキ+何か+ミミッキュ が理想的。

 

 

 

S2簡易記事

ガルーラ@メガ石 ※メガシンカ前はやおき
203-194-121-✕-122-128
すてみタックル/グロウパンチ/れいとうパンチ/不意打ち

ミミッキュ@ゴーストZ
143-156-101-✕-126-135
シャドークロー/影うち/じゃれつく/剣の舞

霊獣ボルトロス@突撃チョッキ
155-✕-90-197-100-168
10万ボルト/めざめるパワー氷/気合球/ヘドロウェーブ

キノガッサ@毒毒玉 ※ポイズンヒール
161-150-107-✕-80-134
タネマシンガン/身代わり/キノコのほうし/岩石封じ

テッカグヤ@マゴのみ
184-138-124-✕-125-124
ヘビーボンバー/岩雪崩/地震/ニトロチャージ

ウルガモス@アッキのみ ※炎の体
191-✕-112-156-126-138
炎の舞/蝶の舞/羽休め/鬼火


極力サイクルをしないことを目標に。
HAグロウガルーラ軸。オタク構築に突っ張りで対処可能かつコケコの圧力から逃れるためチョッキレボルト、技は他に「焼き尽くす」「草結び」等の選択肢がある。
多かったグロス軸に対して、ガルーラグロス対面で引けるアッキガモス。裏の地面に「鬼火」を撃ちガルーラを展開してイージーウィンを狙う。今期のガルーラスタンの問題であるグロス軸には8割以上の勝率をキープできた。
鋼への通りやすさを考慮してフェアリーZではなくゴーストZミミッキュ
テテフ+炎の展開構築への解答としてニトチャカグヤ。テテフに投げてニトチャを撃ち炎との有利不利を逆転、炎がリザードンの場合は交代読みで「岩雪崩」を撃つ。
カバルドン展開に対して選出するポイヒガッサ。カバゲンガーが上位にいることは知っていたので「ローキック」ではなく霊にも撃てる「岩石封じ」。



メタに走りすぎた結果考慮外の構築に勝てなくなった、解散

2/25現時点予想

メガ
Sなし
Aガルーラ リザードン メタグロス
Bボーマンダ ゲンガー
Cフーディン ハッサム ルカリオ


Sバシャーモ
Aウルガモス
Bヒードラン
Cファイアロー アローラガラガラ


Sカプ・レヒレ ゲッコウガ
Aアシレーヌ
Bパルシェン
Cスイクン

電気
Sカプ・コケコ
A霊獣ボルトロス ジバコイル
Bデンジュモク 化身ボルトロス
Cヒートロトム サンダー


Sなし
Aキノガッサ
Bカミツルギ ナットレイ
Cジャローダ カプ・ブルル エルフーン

地面
Sガブリアス
Aドサイドン マンムー ドンファン 霊獣ランドロス
Bドリュウズ
Cカバルドン

ゴースト
Sミミッキュ
Aギルガルド
Bなし
Cなし


Sなし
Aギルガルド テッカグヤ
Bヒードラン ナットレイ
Cなし

エスパー
Sカプ・テテフ
Aなし
Bクレセリア
Cエーフィ


Sゲッコウガ
Aアローラベトベトン
Bなし
Cバンギラス ブラッキー サザンドラ